ボヤキ

  • Twitterボタン
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 開催断念 | トップページ | 今年の8時間耐久 »

2009.07.18

山の怖さと判断の甘さと・・

今回の大雪山系の遭難事故はとっても恐ろしいと感じました。

険しい山だろうが人の多い山だろうが低山だろうが、ひとたび天気が荒れれば危険度は変わらないと言っていた、知人の登山家(K2登頂者)の話を思い出します。
却って登りやすい山は事故も多いと。

今回の遭難事故の捜査が進むにつれ、肝心なガイドのダメさ加減やら、ツアー会社の安全を軽視した行程などが明らかになってきました。かなり人災の側面も強い事故と感じました。
ガイド2人が未経験の山だったなんて、これではガイドとは言えないでしょう。。。

悪天候が予想される時は引き返す。
これは基本だと思います。


先週行ったツーリングの途中雷雨に遭遇しましたが、安全を第一に考えるならば、あの時2本目の林道に入る前に中止するべきだったのだと思います。
運良く休憩地点に到着してから、豪雨と激しい雷になりましたが、落雷に遭わなかったのは運が良かっただけなのかも。

MTBでも山奥まで行くことが多いので、今回の遭難事故は決して他人事ではないと思いました。

犠牲者の冥福を祈ると共に教訓としてこの事故を忘れずに、安全第一の気持ちを新たにした次第です。

« 開催断念 | トップページ | 今年の8時間耐久 »

日記」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです!

私は山ではなく海を相手に仕事をするようになりますが、荒れた海ではどんな大きな船も木の葉のようにのみ込まれていきます。

なめたら最後、後悔先にたたずですね。

私も再認識させられる一件でした。


話は変わりますが、今年も小樽エントリーするのでよろしくお願いします!


GTさん
久しぶりっ!
これから救う側になるわけですね。
お世話にならないよう、海でも山でも気を付けます(笑)

8月の天狗は出るんですね!
また成長ぶりをみせてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 開催断念 | トップページ | 今年の8時間耐久 »

フォト

やまめ工房

楽しく学べ!遊べ!

アウトドアコーディネイト&ガイド

レース!

便利なフリーソフト